【1~5巻】「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」元ネタリスト

C.M.Bコミック表紙くらし

通好みのミステリー少年マンガ 「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」
主人公は、博物館の主であり特別な力を持つ少年、森羅(しんら)。
森羅が解き明かす奇妙な事件の謎解きと、報酬として受け取る珍しい宝物のウンチクが見どころのマンガです。

「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」は、普通に読んでも もちろん楽しめます。
しかし、作品中の謎解きの鍵となるネタや実在するお宝について、インターネットで調べながら読むと2倍楽しいんです!

そこで、誰もやっていない「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」のモチーフ(元ネタ)へのリンク集を、当サイトで企画してみました!
ぜひ、コミックを片手にお楽しみください!

  • 記事中の参考リンクは、当サイトが独自に選んだものです。
    加藤元浩先生が実際に参考にしたサイトではありません。
  • 公的機関のサイトや企業の公式サイトを中心に、画像が豊富でわかりやすい情報を集めました。
    (一部、個人のサイトもあります)

1巻

op.01 擬態

驚異の部屋

ヴンダーカンマー(Wunderkammer)驚異の部屋とは何か?
ヴンダーカンマーはドイツ語ではWunder(驚異の) Kammer(部屋)と書きます。15世紀のイタリアから発生し18世紀後半まで欧州で流行した珍品を蒐集した部屋です。

人体発火現象

ブータンシボリアゲハ

ブータンで幻のチョウが日本の調査隊によって80年ぶりに確認される : カラパイア
 沖縄の蝶愛好家として、これまで数々の美しく希少な蝶の撮影に成功しているアキノ隊員こと、宮城秋乃さんにタレコミいただいたニュース。それは、世界中の蝶研究者、愛好家にとっては、その名前を聞いただけで興奮してしまうような幻の存在「ブータンシボリアゲハ

op.2 幽霊博物館

鉱石ラジオ

2巻

op.03 青いビル

構造色

ズグロモリモズ

羽に毒を持つ鳥は、好物の虫から「最強の毒」を吸収していた! - ナゾロジー
point 毒鳥ズグロモリモズは羽に神経毒をもっている しかし人工飼育されたズグロモリモズには毒がなかった 野生のズグロモリモズの胃を調べたら毒を持つ甲虫がみつかった ズグロモリモズの毒はエサに由来するものだった 毒のある動物としてまず思いつくのは、ヘビやカエル、そしてフグなどがあげられます。

カレドニアガラス

“羽毛のある類人猿”…! カラスの“あの”行動の理由は驚異の「脳」にあった(サイエンスZERO) @gendai_biz
カラスといえば、ゴミを荒らす悪者、といったイメージが強いですが、実は、驚くほど賢い動物だということをご存じでしょうか? feathered apes(羽毛のある類人猿)と呼ぶ科学者もいるほどで、他の鳥と比べて桁違いに発達した脳であることが様々な研究で明らかになってきました。

op.04 呪いの面

泥眼

能・世阿弥|文化デジタルライブラリー
能鑑賞に役立つ知識と能を大成した世阿弥の芸術を紹介。

3巻

op.05 失われたレリーフ

フィラエ島

古代アステカ王国の儀式

アステカの滅亡

op.06 都市伝説

童謡 かなりや

4巻

op.07 ユダヤの財宝

ティトゥスの凱旋門

マルタ騎士団

コロッセオ

ローマのコロッセオ、地下部分を2000年ぶりに公開
ローマを訪れる人々は、かつての剣闘士の戦いの舞台裏だったコロッセオの地下エリアを歩くことができるようになった。

バチカン近衛兵

5巻

op.08 グーテンベルク聖書

グーテンベルク聖書

三田所蔵 貴重書:グーテンベルク42行聖書 | 慶應義塾大学メディアセンター
グーテンベルク42行聖書 マインツ 1455年頃 紙

森の精霊

新薬開発

ニガキモドキ

鴉胆子 | わたしの漢方薬ガイド

まだまだ続きます!

いや~、5巻まででも さまざまな分野の興味深いネタが盛りだくさんでしたね!
6巻以降の元ネタリストもこれからどんどん追加していきますので、チェックしてくださいね!