リンスを省いて入浴のハードルを下げる3つの方法

ビオレワンくらし

メンタルの調子をくずすと、入浴がおっくうになりますよね。
基本的には、一晩くらいお風呂を休んでも生活にはまったく支障ありません。
でも、からだや髪が不潔なままだと外に出ることまでおっくうになり、気分が上向く機会を逃しがち。

こんな悪循環を防ぐため、カンタンにお風呂を済ませられるといいですね。
この記事では、落ち込みやすく、かつズボラなわたしがカンタンにお風呂を済ませるために実践している方法をご紹介します。

リンスが入浴のハードル?!

では、入浴のハードルを高めているものって、具体的には何なのでしょうか?

もしあなたのお家に湯船があるなら、ゆっくり湯船に浸かれればリラックスできます。
しかし、メンタルがすぐれないときは湯船にお湯を張るのさえものすごく高いハードルです。
今回はひとまず、シャワーで済ませることを前提に考えましょう。

ここに、一般的なシャワーの手順を挙げてみます。

シャワーの手順(例)
  • 1
    着替えやタオルを準備する(給湯器のスイッチを入れる)

  • 2
    着ている服を脱ぐ
  • 3
    浴室に入る
  • 4
    蛇口を開ける(お湯が出るのを待つ)
  • 5
    シャンプーをつかう

    髪をぬらす → 髪を洗う → お湯で流す

  • 6
    リンスやコンディショナーをつかう

    髪につける → お湯で流す

  • 7
    石けんやシャンプーをつかう

    からだをぬらす → からだを洗う → お湯で流す

※これは一例であり、順番は自由です^^

みなさんそれぞれ、この中で苦になるものとそうでないものがあるのではないでしょうか。
わたしはこの中で特に「6:リンスやコンディショナーをつかう」が苦手です。
シャンプー、すすぎ、リンス、すすぎのくり返しが、とても面倒かつ不毛に感じるんですね。

つまり、「リンス(またはトリートメント)の手間」がわたしにとって最大のハードルです。これを省略できたら、10分で全身シャワー完了なのに。

とは言え、リンスインシャンプー1本ではうるおいが不足し、髪がきしんでしまいます。
他になにか方法は無いのでしょうか?
ドラッグストアで研究し、3つの方法を試しました。

方法1:洗えるトリートメント

まず試したのが、「リンスインシャンプー」の逆バージョンとも言えそうな「洗えるトリートメント」です。

「洗えるトリートメント」は、濡らした髪に、普通のトリートメントと同じようになじませて使います。
頭皮を軽くマッサージしたあと、洗い流します。
泡立たないので洗浄力はシャンプーより劣ります。
しかし、うるおいはしっかり保たれます
さすがはトリートメント。

ロレアル 「ラ クレム ラヴォン クレンジングクリーム」

わたしはロレアル の「ラ クレム ラヴォン クレンジングクリーム」という商品を愛用していたのですが、残念ながら生産終了となってしまったようです。
Amazonなどネット通販にはまだ少し在庫があります。
また、ロレアル以外のメーカーも販売しています。

洗えるトリートメントの価格は、普通のトリートメントより高めです。
しかし、シャンプー代+トリートメント代と考えるとコストパフォーマンスは良いかもしれません。
うるおい重視の方、試してみませんか?

方法2:シャンプー+アウトバストリートメント

しっとりするのもいいけど、夏は泡でさっぱりしたいですよね。
そう思ったわたしは次に、お気に入りのシャンプーと「アウトバストリートメント(入浴後に使う、洗い流さないトリートメント」を組み合わせてみました。

「アウトバストリートメント」は、お風呂上がりの濡れた髪や半乾きの髪に使います。
ぱぱっとシャワーを浴びて、着替えまで済ませた後にゆっくりトリートメントできるので、気持ちにゆとりが持てますよ。

オイルタイプやクリームタイプもありますが、わたしが使っているのはスプレータイプ。
液体なのでしっとり感は弱めですが、手軽に使えます。

ナプラ「イノート ヘアケアミスト」

何種類か試した中でのお気に入り商品が、ナプラというメーカーの「イノート ヘアケアミスト」
硬めのくせ毛で量も多いわたしの髪が、このミストを使うと扱いやすくなります。

ナプラの製品は美容院やネット通販で買えます。
お得な詰め替えリフィルもありますよ^^

方法3:オールインワン全身洗浄料

最後は奥の手、「全身を1本で洗う」方法です!

「シャンプー」「ボディシャンプー」「洗顔料」を兼ねた「全身シャンプー」「オールインワン洗浄料」といった商品が、数年前からドラッグストアに並ぶようになりました。

これらの商品は、例えば、髪につけて泡立てた後、その泡を顔や胸にのばして洗うといった使い方ができます。
頭のてっぺんからつま先までの洗いが1回、すすぎが1回で済むので、入浴時間が大幅に短縮できます!

汗をかきやすい男性向けに開発された商品が多いため、洗浄力は強く、しっとり感はごく弱めのものが主流です。

花王「メンズビオレONE」

わが家で使っているのは、花王の「メンズビオレONE」
すすぎの時に髪がすこしきしむこともありますが、便利なのでつい使ってしまいます。
人気なのか、店頭価格も詰替え用で税抜き500円前後と手に入りやすくなってきました。

メンズビオレONEには保湿成分の入った「なめらかタイプ」もあります。
乾燥やきしみが気になる方はこちらを試してみてはいかがでしょうか?
それでもうるおいがたりなければ、アウトバストリートメントと組み合わせるのもアリです。

まとめ

以上「シャンプー+リンス」の代わりになる方法を3つご紹介しました。
あなたが試してみたいモノはありましたか?

手間の少なさや使用感、香りなどを体感し、あなたにとってベストなお風呂のルーティン(手順)ができるといいですね。
入浴のハードルを下げて、からだの汚れとウツウツとした気分をサッパリと洗い流しましょう♪